パートナー以外を求めてしまう不倫は止められないのか?

不倫をしてしまう人の特徴などを紹介していますので、気になる方はぜチェックしてみてください! - 不倫はどんな人でもしてしまうものなのか

不倫はどんな人でもしてしまうものなのか

人は不倫をしてしまう生き物なのか

結婚関係にあるパートナーがいながら、他の相手と体の関係を持ってしまうことで、結婚関係が破たんして離婚することになってしまうということはよくあります。
恋人がいるのに、他の人を好きになってしまうことを浮気と言いますが、不倫は、結婚関係にあるということで、浮気と大きく異なります。
結婚関係にあるのに、他の人と体の関係を持つということは、当事者同士の問題ではなくなり、子どもがいる場合には、子どもの将来にも大きく影響を与えるてしまいます。
そればかりではなく、会社やそれぞれの家族を巻き込むこともあります。
そこまでのリスクを冒してまで不倫をする人が後を絶たないのは、ほとんどの人が、相手を裏切ることができるという証拠なのでしょうか。

する人は何度でもするし、しない人は、一生しないということも

相手を裏切ることについて、一度経験のある人は、どれだけ反省しても、時間が経てば、また同じことを繰り返すという傾向にあります。

だから、浮気癖のある人は、なかなか治らないんですよね。
その反対に、一度も浮気の経験のない人は、結婚後もよほどのことがない限り、パートナーを裏切るようなことはしないでしょう。
つまり、全ての人が、不倫をするのではなく、多くの場合で、繰り返ししてしまう人と全くしない人に分かれるということです。
パートナー以外の人を求めてしまうということは、自分の本能に理性が負けてしまうことにほかなりません。
自分を強く持つことができる人は、そうそう危ない橋は渡らないでしょうし、大切な相手を傷つけてしまうようなことには、きちんとブレーキが掛けられます。
ただ、現在は、理性を保つことができない人が多くなってきている傾向にあります。
女性の社会進出により、女性が立場的に強くなっていることもあり、個人の意志が尊重される世の中になって行く中で、人は自分本位な利己主義的な生き方をするようになり、誰かのためにということよりも、自分のために行動することが増えています。
結局自分が一番かわいいのです。
だから、理性よりも本能が買ってしまいやすい時代へと変化しつつあるのです。
不倫のきっかけは、どんな人にも訪れると思います。
インターネットの普及もあり、簡単に見ず知らずの人と出会える世の中です。
また愛と欲望の劇場 -浮気・不倫・離婚2chまとめブログ-では不倫の体験など様々な情報が書かれています。

さらに共働きの家庭も増え、夫婦そろって社会に出ているということは、それだけ誰かに出会う機会も多いということですよね。
不倫のきっかけに出会った時に、自分にブレーキがかけられるかどうか、そこが、自分を試すときなのではないでしょうか。

更新情報